ブラウザゲームの「ドラゴンクエスト モンスターパレード」をやってました。

ドラゴンクエストモンスターパレード ブログランキングへ


6/16~6/22、異界イベント。(公式リンク→イベント 異界の門 | ドラゴンクエスト モンスターパレード

異界スタート。
月曜の告知通り、前回からまさかのリニューアル。
前に書いたけど、使い回してほしかった気持ちもあるし、ちゃんと新しいものを作ってくれたのはありがたい気持ちもある。
複雑だ。


クリップボード02

実際に入ってみると、全体的に難易度が下がっていると感じた。
異界は結構経験値が入るので、レベル上げも兼ねたメンツでLV3までクリア。
ドロップはゴールドゴールド銀福引。
今回はスカウトチャンスが必ず発生するっぽい?

クリップボード01

目新しい特技を持ったランクアップモンスターが5%10%で並ぶのは面白い試みだと思う。
スタミナ5使ってるんだから、これくらいの遊びはアリだろう。


クリップボード01

LV4は、セオリー通りなら難易度が上がるので、カンストのライムスライムを入れて挑む。
が、難易度はほぼ変わらず、拍子抜け。
ボス戦も、ちょっとHPが高いかな程度。
ショック攻撃を覚えた竜王が、キングレオをずっとおびえさせていた。
やっぱこの特性は異界で輝くのかもしれない。

そして、今回はちょっとした小技をやってみた。
「いきなりテンション」を持ってるベビーパンサーを連れて行き、道中何もさせずテンションMAXにする。
そのままボス戦まで持っていき、ベタン等の割合ダメージを与える技で大ダメージを狙うというもの。
テンションMAXにすればいいだけなので、別に他の方法でもいい。
「まれにハイテンション」「ときどきテンション」でも、「おうえん」持ち複数でも、特技の「ためる」でもいい。
このためにベビパンにベタンを覚えさせたのだが、遥か昔に持たせたまじゅう斬りを打ったらキングレオに53000ダメージ出てた。
その前の時点で結構削ってたので、キングレオ瞬殺。
ドロップは銀箱で奥義の書。

クリップボード03

異界の戦闘数が多いのを逆手に取った面白いテクニックだと思う。
ただ、そんなわざわざ作戦切り替えるようなことをしなくても、バイシがかかったシャイニングボウと竜王の通常攻撃で楽勝だったりする。
MVPを取らせたいから放置プレイはしなかったけど、ベビパンとAライムをほめる以外は触る必要もなかった。
無駄に難易度高いよりは低い方がいいけど、前回のLV4と比べるとさすがに歯応えなさすぎかもしれない。
このテンションMAX作戦、本来は前回のLV5やまたのおろち戦を楽に周回するための戦略だったのだが…。
読みが外れたというか何と言うか。
まあ、テンション上がるベタン役はきっと無駄にはならない…と思いたい。


そんな感じで、とりあえず初日はレベル4まで。
wikiを見る限り、今回はLV5から時間制限がついて面倒になるっぽい。
その辺から前回のカンダタやピサロ戦みたいに時間がかかる作業が増える気がするので、今からちょっと気が重い。
まあ、どんなでもクリアできればそれが一番だと思う。
適度に適当に頑張ろう。
スポンサーサイト